首ニキビかアレルギーかの見分け

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加   

首ニキビではなくアレルギーの可能性も十分ありえる世の中

首ニキビかと思いきやアレルギー・・・
なんてパターンもあるようですので
なかなか治らない時はそれも疑ってみましょう。

 

食べ物はもちろん身に付けているものも要チェックです。

 

意外なところに原因があるかもしれませんので。

 

 

・首の炎症はアレルギーの可能性も

 

 

 

首にできる炎症といえばニキビが代表格です。

 

他にはあせもが発生しやすいですが
ドッと汗をかく季節は限られるので
主たるものとはいえません。

 

もし年がら年中炎症に悩まされてるのなら
アレルギーを疑って方がいいかもしれません。

 

それに付随して化学繊維を多用してないかチェックしましょう。

 

体表的なアレルギーの原因は食べ物です。

 

よくきくのがそばや大豆、乳製品などですが
アレルゲンになりえないものはないと言われてるので
これは絶対に安全と言い切れるものはないです。

 

やっかいなのは食べても症状がすぐに現れない
遅延型アレルギーの場合です。

 

いきなり重篤な症状が出てしまう
アナフィラキシーショックよりはいいですが
原因が特定しにくい欠点があります。

 

あとは金属アレルギーもそうです。

 

首に悩むがあるならネックレスはあまりしないかもしれないですが
銀歯も可能性として挙げられています。

 

そのような人工的な歯も長い時間をかけて
ジワジワ溶け出して悪影響が出ると指摘されています。

 

化学繊維の代表例はポリエステルですね。

 

基本は天然素材100%のものがいいですが
全部そうするのも難しいので
なるべく低刺激なものを選びましょう。

 

 

 

・アレルギーとニキビの根源

 

 

 

いろいろ原因となりえるものを見てきましたが
アレルギーもニキビも元凶は同じかもしれません。

 

というのも、もともとアレルギーというものは
存在しうるものではなく、人間の間違った行動が
生み出したものです。

 

体を守る仕組み自体は誰にでも備わっています。

 

だから炎症は必要なことなのですが
それが過剰に起こるのは異常なことです。

 

本来はそのようなことにはならないのですが
現実アレルギーに悩む人は多くいます。

 

その最たる原因は食生活です。

 

その辺は少しでも勉強すれば理解できると思いますが
身近な食材は毒に溢れています。

 

放射能、農薬、添加物、遺伝子組み換え作物、
PM2.5などの空気の汚染もそうです。

 

そのような毒を毎日のように取り込むことで
体はどんどん弱まっていき、
抵抗力が弱まってしまいます。

 

そのため免疫システムがしっかり守ろうと
張り切りすぎてしまうことがあるのです。

 

たまには運動やサウナに入るなどして
毒素を追い出すことも必要です。