トップへ戻る

首ニキビにケミカルピーリングはどう?

このエントリーをはてなブックマークに追加   

首ニキビにケミカルピーリングは有効ですが注意です

首ニキビの改善を促す方法のひとつに
ケミカルピーリングがあります。

 

一般的に首の皮膚はデリケートだから
ケミカルピーリングを推奨する人は
少数派かもしれません。

 

ただ、ものは使いようで
必ず悪いわけではありません。

 

ニキビ対策は新陳代謝を促すことが大事なのは
共通していますから理屈的には間違っていません。

 

大事なのは病院選びになると思います。

 

 

 

・ケミカルピーリングの基礎知識

 

 

 

まずはケミカルピーリングについて
簡単におさらいしておきましょう。

 

肌の表面(角質層)を溶かす作用がある
特殊な成分を塗ることで強制的に
ターンオーバーを促進するという手法です。

 

肌が薄くなると外敵が侵入しやすくなるので
早く再生しようと体が反応するんですね。

 

ケミカルは科学的なという意味で
ピーリングは融解作用のことです。

 

成分のことを総称してピーリング剤といいます。

 

ピーリング剤は様々な種類があり、
大別するとサリチル酸とフルーツ酸に分かれます。

 

サリチル酸はプロアクティブなどの
ニキビスキンケア用品にも使われる有名な成分ですね。

 

刺激が強いことでよく槍玉に挙げる成分でもあります。

 

フルーツ酸(AHA)は果物に含まれる
ピーリング成分の総称で
グリコール酸が特に有名です。

 

他にもクエン酸やリンゴ酸、乳酸などもあります。

 

刺激感はそれぞれ異なり、
グリコール酸が最も強く、
それに乳酸、リンゴ酸、クエン酸が続く形です。

 

肌の状態によって使い分けることができますので
主流はフルーツ酸になります。

 

そして受けられる場所は
医療機関のみという特徴もあります。

 

以前はエステでもできたそうですが
肌トラブルが続出したことにより
法律が変わりました。

 

それは良い変化だと思います。
肌に刺激が強い施術ですので
医療機関じゃないと不安感が強いです。

 

 

 

・病院選びに気をつけよう

 

 

 

では首ニキビに対して有効かというと、
一概には言えませんが単純な理屈では
有効だといえます。

 

でもそれは病院によって違ってきます。

 

ケミカルピーリングは医療機関(医師)によって
だいぶ技術に差があるようで、
運悪く下手な人に当たってしまうと
首ニキビが悪化してしまうかもしれません。

 

保険が効かないので1回あたり
1万円くらいかかるものなので
すごくもったいないですよね。

 

だから基本的にはふつうの皮膚科ではなく
美容皮膚科にしたほうが無難です。

 

もちろん美容皮膚科でも差はあると思いますが
ふつうの皮膚科より美容に特化していて
よく研究されています。

 

サービス内容も多種多様で
その人の肌質に合わせて配合するなど
気の利いたサービスもあります。

 

メニュー