トップへ戻る

首ニキビと腫れについて

このエントリーをはてなブックマークに追加   

首ニキビが腫れ上がるのはどういうことかを改めて考察

首ニキビはふつうに考えると
できにくいものです。

 

でも人によって腫れるほど
重症化することもあります。

 

腫れと一口にいっても
いろんな状態があると思いますが
今回はシンプルに赤ニキビは
すべて腫れていると考えます。

 

いまいちど原点に帰って
なぜ首ニキビができたのかを
見つめ直してください。

 

 

 

・首が腫れるいろいろパターンと原因

 

 

 

首の吹き出物には主に2パターンあります。

 

赤ニキビと粉瘤ですね。

 

毛穴に皮脂と角質がふたをすることで
アクネ菌が増殖してしまう通常パターンと、

 

のうほうという袋状の空間に
老廃物がたまってしこりのようなものが
皮膚の奥に溜まるパターンとがあります。

 

ふんりゅうの場合、必ずしも
腫れるわけではないですが、

 

入り口が黒い酸化した皮脂で覆われていて
なおかつ老廃物も溜まっているので
下手すると炎症を起こしかねません。

 

腫れが生じるパターンも主に2通りあります。

 

ひとつは不健康の延長、
もうひとつは変なスキンケアです。

 

ニキビは不健康体だと出来るもので、
首は胃腸や肝臓などの状態が悪いときに
起きやすいと言われています。

 

生理前に出来る女性も多いので
生殖器にも関係してると思われます。

 

首ニキビに気づくとスキンケアを
始めると思いますが、

 

安全性にこだわったものを使わないと
余計ニキビの原因を増やすだけです。

 

ほとんどの化粧品は肌のバリア層を
壊して成分を浸透させようとします。

 

ただでさえ首は皮脂量が少ないのですから
ニキビ肌を助長する可能性だってあります。

 

保湿成分が入ってるから大丈夫と
思ってる人も多いと思いますが
その持続性はたかが知れてるので
一時的に水ぶくれを起こしてるだけです。

 

ニキビ肌は敏感肌ですので
いろいろ使いすぎると何らかの成分が
刺激になって腫れる原因にもなりえます。

 

 

 

・首ニキビができること自体が異常と思いましょう

 

 

 

現代社会は体に悪い要素が多すぎるので
通常ならできにくい首の腫れ物もできるのが
ふつうになってしまっています。

 

腫れるとは要は炎症のことですが
炎症は悪いことではなく、
体の正常な方向へもっていくための
仕組みのひとつです。

 

なので常日頃から体の何処かで
炎症が起きてる可能性もあるのですが
通常なら腫れ上がることは稀です。

 

粉瘤となるとさらにできにくいものです。

 

でも現実問題として
首ニキビに悩む人が多いのは明らかに、
肌に悪いことを日常的にしてるってことです。

 

特に皮膚的に悪いのは
ピーリング剤や合成界面活性剤、
ステロイドなどの強い薬です。

 

メニュー