トップへ戻る

首ニキビとホルモンバランスの関係について

このエントリーをはてなブックマークに追加   

首ニキビはホルモンバランスが乱れるとできると言われるが

首ニキビはホルモンバランスと
密接な関係があると言われます。

 

特に女性は崩れやすいため
一層注意が必要だといえますが
仕組み自体はコントロールできません。

 

できるのは普段の心がけですね。

 

それがしっかり出来るようになれば
あまりニキビに悩まなくなるはずです。

 

 

 

・首ニキビとホルモンバランスの関係

 

 

 

首ニキビといえばいろんなことが
連想されますがそのひとつが
ホルモンバランスの乱れです。

 

それぞれの性別に対応したホルモンが
多いわけですが健康な状態であるなら
バランスが維持されます。

 

女性なら女性ホルモンが優位、
という感じですね。

 

ところが何らかの要因が引き金になって
ホルモンバランスは崩れることがよくあります。

 

女性だと一番多いのは生理です。

 

生理とは体が妊娠モードになることで
通常よりも女性ホルモンの量が増えます。

 

女性ホルモンは主にエストロゲンと
プロゲステロンの2種類がありますが、
生理や妊娠時は後者が増えることで
皮脂の分泌量が増える恐れがあります。

 

エストロゲンは皮脂の分泌を抑えたり
肌の健康を保つ働きがあるのですが
プロゲステロンは逆のような働きをします。

 

でもエストロゲンが多すぎても
皮膚が乾燥する可能性もあるので
バランスがとても大事なのです。

 

どちらかというと減ることが多いですが。

 

典型的な要因はストレスです。

 

ストレスを受けると女性ホルモンの分泌が減り、
ストレスホルモンや男性ホルモンの活動が
活発化してしまうのです。

 

男性ホルモン自体の量が多くなるというより
女性ホルモンの量が減ってしまうことで
より影響が強く出てしまうというわけです。

 

 

 

・ホルモンバランスだけが重要ではない

 

 

 

でもホルモンバランスばかり注目していても
解決には結びつきません。

 

生理ごとに首ニキビができる人がいますが
女性全員がそうではありません。

 

男性は昔からストレス社会に生きてますが
いつも首に異常があるわけでもないです。

 

ということはホルモンバランスといえど
ニキビの一因にすぎないということですね。

 

重要なのはなぜホルモンバランスが
乱れてしまうのかということです。

 

月経は生理現象なので仕方ないですが
それでも首ニキビに悩む人が少数派なのは
生活習慣によほど問題がある可能性大です。

 

生理痛の強弱も生活習慣の良し悪しで
決まるのと同じでニキビのできやすさも
それで決まると考えたほうがいいですね。

 

特に何を食べてるかを意識しましょう。

 

一番やっかいなのは甘いものです。

 

男女問わず食べまくっているので
それがホルモンバランスとも
かなり関係しています。

 

メニュー