トップへ戻る

首ニキビに漢方も良い?

このエントリーをはてなブックマークに追加   

首ニキビと漢方について 体質改善を促すには便利なもの

首ニキビに薬を使うとしたら
漢方が一番いいのではないかと思います。

 

西洋薬は副作用のリスクが強く
体質改善には全くつながらないからです。

 

首ニキビは大人ニキビの代表みたいなものですので
これを機に健康意識を高めましょう。

 

 

 

・長期的には漢方薬が適切

 

 

 

首ニキビが出来る原因はいろいろありますが
大きく分けると外的要因と内的要因の2つです。

 

どちらかというと後者のほうが重要です。

 

でも外側からの刺激のほうがわかりやすいので
そればかりに注目しがちです。

 

ニキビスキンケアの種類や衣服がどうのこうの
といって内容ですね。

 

塗り薬も即効性があるので年中注目されますが
そのような対策は根本的な解決には繋がらないので
いたちごっこになるだけです。

 

首ニキビに何かを使うとしたら
漢方薬が最適かもしれません。

 

西洋薬と比べるとまだ一般的ではなく
即効性もないので注目度は低いですが
体質改善を促すためのものですから
徐々に効いていくものです。

 

だから役割が全然違います。

 

炎症をすばやく鎮めたい時は不向きですが
根本解決に近い対策ができるので
長い目でみると漢方のほうが適切です。

 

 

 

・代表的な漢方薬について

 

 

 

漢方薬といっても色んな種類があるので
何がいいか迷うかもしれません。

 

とりあえずいえることは
首ニキビに特化したようなものはありません。

 

部分ではなく全体でみるのが漢方医学なので
個々のニキビ専用の薬など存在しません。

 

それは西洋薬でも化粧品も同じですよね。

 

首ニキビ専用というものはないはずです。

 

化粧品なら○○ニキビ向けというものは
見かけますがそのニキビ専用ではありません。

 

選び方に迷った場合は漢方薬を処方してくれる
皮膚科医を探したほうが早いですね。

 

保険適用内の漢方薬は、
清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)や
桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)、
当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、

 

そして荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)
排膿散及湯(はいのうさんきょうとう)があります。

 

 

いずれもニキビに効きそうな成分が
複数配合されているので
どれでもいいように感じるかもしれませんが
体質を意識する必要があります。

 

たとえば冷え性なのかほてりやすいのか、
女性なのか男性なのか、腺病体質なのかなどです。

 

判断は難しいのでまずは専門家に
診断してもらったほうが安全で確実です。

 

もちろん漢方薬は体質改善を促すだけのもので
それが全部解決してくれるわけではないことを
しっかり認識しておいてください。

 

漢方といえど補助的なものに過ぎないのです。