トップへ戻る

首ニキビによい化粧品

このエントリーをはてなブックマークに追加   

首ニキビに使える化粧品について 基本は保湿力を重視

首ニキビを治すためには
化粧品を模索するのも大事なこと。

 

首ニキビは様々な原因があり
生活習慣も改善していくことが肝ですが
変な化粧品を使っていたら
足を引っ張ることになります。

 

なので美容成分ばかりに注目せず
保湿力や低刺激にどれだけこだわってるかを
見てほしいですね。

 

ほとんどの化粧品は妥協してるので
どこかでコストカットなどを考えて
質が中途半端になってるものが多いです。

 

 

 

・首ニキビ対策の基本は保湿

 

 

 

首ニキビの場合、保湿が特に重要視されますね。

 

皮膚が薄く、紫外線が当たりやすく、
スキンケアが忘れがちで
皮脂腺の数も少ないと言われています。

 

もちろんニキビの原因はたくさんあり
肌の乾燥だけでは説明がつきません。

 

もし乾燥肌のみが問題なら
ワセリンを塗るだけで治るはずです。

 

そもそも乾燥肌はいろいろな要素が重なり
表面化した症状でしかないので
保湿ばかりしても意味はありません。

 

でも完全に無意味でもありません。

 

保湿することで乾燥肌の悪化を防ぎ
無用な皮脂の分泌を抑制することにもなります。

 

ポイントは保湿効果があるのなら
なんでもいいわけではないこと。

 

なるべくニキビ向けに作られた化粧品にすることで
今ある首ニキビにも対処できますし、
化粧品自体の質がいいものを選ぶことにもなります。

 

基本的にニキビ向けスキンケア商品は
単なる美容目的のものよりこだわりが強いので
全体的に低刺激に作られています。

 

 

 

・首ニキビ向けの化粧品について

 

 

 

ニキビスキンケアでも種類が豊富ですが
こだわりを重視して探すと数は絞られます。

 

洗顔料ではノンエーやビーグレンクレイウォッシュ、
どろあわわあたりがいいものだと思います。

 

ノンエーはニキビ向け石鹸として有名で
肌に優しいことで評判です。

 

ふつうは顔に使うものですが
全身に対応しています。

 

ビーグレンは化粧水のCセラムのほうが
有名かもしれませんが他の製品も高品質です。

 

モンモリロナイトという泥成分で
汚れを落とすだけでなく保湿力にも優れます。

 

どろあわわはベントナイトを使用した
泥石鹸として有名です。

 

保湿成分はコラーゲンやヒアルロン酸が
配合されています。

 

本格的な保湿はビーグレンやノンエーの
化粧水でもいいですし、
顎や首向けに開発されたメルラインがおすすめ。

 

保湿成分が10種類も入ってるので
保湿力はトップクラスかと。

 

割りと保存料も少ないのもいいですね。

 

背中ニキビ向けのジッテプラスも
保湿的な意味ではグッドです。

 

背中は皮膚が厚いので保湿するだけでも
大変なのでそれなりの成分と技術、
そしてこだわりがないとできません。

 

べたつきが気にならなければ
首にも使っていいと思います。