トップへ戻る

首ニキビに抗生物質は有効?

このエントリーをはてなブックマークに追加   

首ニキビに抗生物質は効くけどおすすめはできないものです

首ニキビに抗生物質が使われることは
よくありますが基本的におすすめできません。

 

効くことは効くのですが
本当の意味で改善できないどころか
悪化する羽目にもなります。

 

首ニキビは繰り返しできやすいだけに
顔のニキビよりさらに不向きですね。

 

 

 

・抗生物質について

 

 

 

抗生物質は微生物の発育を阻害する、
言い換えると繁殖するのを抑える薬の総称です。

 

風邪や傷の治療後に使われることもあり、
ニキビにも使われる場合が多いです。

 

テラコートリルなどのステロイド系軟膏には
ほぼ確実に配合されています。

 

免疫力がステロイドで下がるので
その対抗策として入ってるわけですが
抗生物質が主体のものもあります。

 

抗生物質にもいろいろ種類がありますが
そんなに細かいことを覚える必要はなく、
ひっくるめて考えてもらってもOKです。

 

幅広い菌に対応できるため
アクネ菌や黄色ブドウ球菌などにも
効果を発揮させることができます。

 

医薬品なので化粧品などと較べて即効性があり
みるみる首ニキビがよくなっていくのを
実感してる人は多いです。

 

個人差はありますが2週間も使えば
ほぼ確実に効果を実感できるはずです。

 

そのため首ニキビができたら抗生物質でしょと
信頼してる人もけっこう多そうです。

 

 

 

・首ニキビに抗生物質が勧められない理由

 

 

 

しかし、抗生物質には大きな欠点があります。

 

効果が出るのは早いですが
下手すると耐性菌が生まれる可能性があるのです。

 

耐性菌とは抗生物質などの薬剤に負けないよう
進化したタイプの菌のことです。

 

たまにどこかの病院で院内感染で大騒ぎ!
みたいなニュースが流れますよね。

 

あれも抗生物質が効かなくなった菌が
広まったひとつの例です。

 

首ニキビの場合も理屈的には
同じようなことが起きる可能性があります。

 

いままで使っていた抗生物質が
効きにくくなるってことです。

 

抗生物質にはいろいろな種類があるので
代用が効きますけど、同じことを
延々とやってるといたちごっこになります。

 

そして何より、どんな薬であろうと
ニキビの本当の解決には至りません。

 

一見良くなったようになっただけで、
ニキビができにくい肌になっていません。

 

ニキビ肌とは不健康の現れですので
生活習慣の見直しが一番大事になります。

 

首ニキビは再発しやすいニキビでもありますが
健康なら繰り返すことはありません。

 

ということで抗生物質はその場しのぎには
とても便利な薬ではありますが
ある意味役割はそれだけだといえます。

 

十分注意しながら使用してくださいね。

 

メニュー