トップへ戻る

首ニキビはマフラーが原因?

このエントリーをはてなブックマークに追加   

首ニキビはマフラーの原因というのは誤りです

首ニキビとマフラーはある意味では
セットのように考えられています。

 

理由はもちろん、刺激になりうるからですが
原因というとちょっと語弊があるので
勘違いしないよう気をつけましょう。

 

清潔にすることにも盲点があるので
鵜呑みにしないことは本当に大切です。

 

 

 

・マフラーが首ニキビの原因といわれる理由

 

 

 

首ニキビの原因はマフラーだと
伝えられることもあります。

 

理由は単純で刺激になるからですね。

 

首は太い血管が通ってるので
体を温める際は重要な部位になります。

 

でもマフラーを巻くことで
逆に肌環境が悪化することもあります。

 

寒いと密着度がより高まりますが
そうすると密室状態になるので
逆に蒸れてきてしまいます。

 

一種のサウナ状態ですよね。

 

そういう環境は常在菌は好むので
痒みが出ることもあります。

 

蒸れ以上に懸念されるのが
直接肌に触れることへの刺激です。

 

マフラーにもいろいろな素材がありますが
ほとんどは化学繊維です。

 

一般的に天然素材よりも刺激が強く、
静電気も発生しやすいので
肌にとってはマイナスなことばかりです。

 

あとは不衛生もよく指摘されます。

 

おそらく頻繁に洗う人は少ないと思うので
汚いといえば汚いです。

 

ということでマフラーは首ニキビと
密接に関わっていそうな気配がします。

 

 

 

・マフラーは首ニキビとはあまり関係ない?

 

 

 

ただ、マフラーが首ニキビの原因というと
少し話は違ってきます。

 

たしかに刺激はいいとは言えませんが
マフラーのそれだけでニキビができるのかというと
ちょっと疑問に思いませんか?

 

ニキビの本来の原因は不健康であって、
マフラーを含めた外部刺激は二次的要素です。

 

悪化の原因といえばしっくり来ますが
発生原因とはあまりいえません。

 

こすれるといっても手で意図的に
ゴシゴシこすらない限り、
肌荒れするほどの強さはないと思います。

 

もちろん素材が肌に合ってないものは
注意が必要です。

 

ウールは典型例だと思いますが
天然素材だからぜんぶ肌に優しいとか
アレルギーにならないわけでもありません。

 

ただつけてる時間も限定的ということも
踏まえると刺激はそんなに
大したことでもないと思います。

 

素材よりも盲点になりやすいのが洗濯です。

 

たぶんこのことを指摘する人は
ほとんどいないと思います。

 

不潔はヤバイとニキビの世界ではよく言われますが
洗剤の質がヤバイと本末転倒です。

 

洗剤もまた化学物質が主体になっていますが
それはすべて綺麗に洗い流せません。

 

必ず残っているものなのです。

 

最近は匂いが持続するものが流行りですが
それがわかりやすい例だと思います。

 

メニュー