トップへ戻る

妊娠中に首ニキビができたら

このエントリーをはてなブックマークに追加   

妊娠中に首ニキビができても慌てないようにしましょう

妊娠中は首ニキビができやすくなるものです。

 

ホルモンバランスが急激に変化するためですが
それは体の仕組みのようなものなので
あまり深く気にしても意味がありません。

 

思春期ニキビが自然と増えるのと
ある意味では同じようなものなので
いずれ自然と落ち着いてくるはずです。

 

もしそうでないなら
生活習慣が悪い可能性が高いです。

 

 

 

・妊娠中は首ニキビもできやすくなる

 

 

 

妊娠中にできるニキビを
妊娠ニキビと呼んだりします。

 

顔や胸、背中などニキビができやすいと
言われるところならどこでもできる
危険性があります。

 

もちろん首も同様です。

 

妊娠するとプロゲステロンと言われる
女性ホルモンの一種が増えます。

 

黄体ホルモンとも言われますが
それは皮脂の分泌量を増やす性質があります。

 

男性ホルモンと共通していますね。

 

あとストレスとも大きく関係してるそうなので
ニキビ的に妊娠はかなりやっかいな時期です。

 

一番できやすいのは妊娠初期。

 

大体4週〜6週くらいに
できやすいと言われています。

 

いいことはそのつらい時期を過ぎれば
安定期に入るのでニキビも徐々に
治まってくるはずです。

 

ホルモンバランス以外にも便秘やストレス、
食生活の乱れなどなど健康上のリスクは
出産するまでつきまといますが

 

とりあえず妊娠初期を過ぎれば
大きな峠は越えたと思っていいでしょう。

 

 

 

・妊娠中は安全性がより重要です

 

 

 

重要なのはひたすら耐えるというより
妊娠についての知識を深め、
赤ちゃんだけでなく母体も意識した
健康管理がしっかりできるかどうかです。

 

妊娠中は食欲の変化も激しく、
とにかく食べたい衝動にかられたりしますが
そこでジャンクなものばかり食べていたら
かなりヤバイです・・・

 

それこそホルモンバランスだけではなく
体の健康そのものが危うくなります。

 

スキンケアもなお一層注意が必要です。

 

メイクアップも含めて考えてほしいですが
体に悪い添加物も皮膚から吸収されるので
胎児に悪影響が及ぶ可能性大です。

 

毛穴が詰まりにくいオイルフリーとか
ノンコメドジェニックテスト済みとか
そういうことばかりではなく、

 

低刺激とか無添加とか安全性に
こだわっている商品を使いましょう。

 

おそらくどこのメーカー側は売りたいがために
安全性を強調してくると思うので
成分などいろいろチェックしたほうがいいです。

 

それも妊娠の知識と合わせて
勉強のつもりで見てみるといいと思います。

 

出産後でも首ニキビなどができる場合は
健康状態がよくない証拠といえます。

 

メニュー