トップへ戻る

首ニキビに飲み薬を使う

このエントリーをはてなブックマークに追加   

首ニキビに飲み薬を利用するのも時にはありです

首ニキビができたときの対処として
飲み薬は一定の効果があるとされています。

 

首ニキビも要は栄養バランスが
変になっているからできるといえるので
それを少しでも補おうという理屈ですね。

 

また、病院に行けば抗生物質も
処方されることもあります。

 

何が適しているかはその人の状態によります。

 

 

 

・飲み薬も時には役に立つもの

 

 

 

首ニキビの原因はいろいろありますが
薬はいつも重宝されるものです。

 

特に多いのは塗り薬ですが
それは対症療法の極地ですので
治すには程遠い手法です。

 

飲み薬もその場しのぎに過ぎませんが
ビタミン剤もあるので
単なる塗り薬よりかは
マシな部分もあります。

 

あと抗生物質だったとしても
体の内部から働きかけるほうが
皮膚表面よりも効果が高いので
即効性という意味でも有効性が増します。

 

もちろん副作用のリスクも高まるので
その点も考慮するのを忘れずに。

 

首ニキビもできる人は頻繁にできて、
時には大量にできることもあります。

 

そういうときはとりあえずなんとかしたいと
困るという場面も出てくると思うので
うまく利用すると考えましょう。

 

 

 

・まずは市販のビタミン剤から試す

 

 

 

飲み薬は主に抗生物質と
ビタミン剤の2種類があります。

 

抗生物質は殺菌効果がある薬で
より直接的に対処するものです。

 

ビタミン剤は栄養補給ですね。

 

皮膚科でも処方してもらえますが
市販薬でも売ってるので、
まずはそれから試してみると
いいと思います。

 

有名どころではチョコラBB、
ハイチオールC、ペアA錠などがあります。

 

ビタミン剤は即効性はありませんが
ニキビの原因部分に対処しうるものなので
ちゃんと治すきっかけ作りにはなります。

 

あと副作用のリスクも少ないです。

 

同時にスキンケアの方法や
生活習慣の見直しも必要になります。

 

ビタミンを減らすような行動を
日頃から取っていたら意味がないですよね。

 

例えばタバコを吸っていると
ビタミンCが大量に減ってしまいます。

 

 

抗生物質もいろいろな種類があり、
ミノマイシンやルリッドなどが有名です。

 

その辺は自分で選ぶものではないので
医師から促される形になります。

 

皮膚科医もいろいろな人がいるので
なぜその薬かをしっかり説明できる、
もしくは質問にちゃんと答えてくれるなど
ちゃんとした人から処方してもらうのがベスト。

 

より良いのは生活指導もしてくれることですね。

 

首ニキビでもなんでもそうですが
飲み薬は単なるきっかけに過ぎません。

 

それさえあればOKという考えでは
ずっと首ニキビは治りづらくなります。

 

メニュー