トップへ戻る

首ニキビに塗り薬を使うとについて

このエントリーをはてなブックマークに追加   

首ニキビに使う塗り薬についての認識を改めましょう

首ニキビを治すために
塗り薬を使ってる人は多いと思います。

 

化粧品よりはるかに安くて
即効性があるとも言われてるので
昔から常に需要が尽きません。

 

使う意味がわかっておられるなら
一定の使う価値があるとは思いますが
それで治ると思ってるのならヤバイので
認識を改める必要があります。

 

 

 

・首ニキビに使われる塗り薬の定番

 

 

 

首ニキビに使う塗り薬といったら
大体は定番が使われていると思います。

 

オロナインH軟膏、テラコートリル、
アクネスなどです。

 

リンデロンは昔は人気だったかもしれませんが
作用が強すぎることから
現在は下火となっています。

 

オロナインはどこの家にもありそうなくらい
定番の軟膏薬で即効性はあまりないですが
肌への負担が軽い特長があります。

 

それでもニキビ対策の定番になっているのは
効果効能欄にニキビと最初に
書いてあるからだと思われます。

 

殺菌効果しかないので炎症が気になるときは
不向きですが健康的には一番マシですね。

 

テラコートリルは即効性と手軽さという意味から
最も使われている薬かもしれません。

 

ステロイドと抗生物質がセットになったもので
健康的にはあまりよろしくないですが、
薬局で売っているレベルなので
使い方を間違わなければほぼ問題はないです。

 

リンデロンはステロイドの強さでは
テラコートリルのものよりも
1段階上なのでけっこう強めです。

 

処方箋薬に指定されてるほどなので
よほどでない限りニキビに
適用されることはないでしょう。

 

アクネスはイオウが配合された薬の一種で
毛穴の汚れを取りつつ
アクネ菌の殺菌効果もあります。

 

オロナインとテラコートリルの
ちょうど中間といったところでしょうか。

 

赤ニキビと黄ニキビが混在している場合に
特に力を発揮すると思われます。

 

 

 

・塗り薬で首ニキビは治らない

 

 

 

一応どんな薬でも基本的には
殺菌や抗炎症作用のどちらかがあるものなので
首ニキビにも効くと言えるでしょう。

 

ただ、効いたと治ったは違うので
勘違いしないようにしてください。

 

薬を使うと炎症は割りとすぐ
鎮まる可能性は高いですが
それは症状を抑えつけたにすぎません。

 

原因を消さないことには
ニキビの再発は必至です。

 

例えば生理前に首ニキビができる人は
なぜそうなるかを考えないといけません。

 

それは皮膚表面の問題ではなく
体の内側、私生活に問題があります。

 

ちなみにステロイドは依存性があり、
また使わないといけないと
体がおかしくなる危険性もあります。

 

薬にはどんなものでも副作用がありますが
効果が強いものほどそのリスクも高まります。

 

メニュー