トップへ戻る

サリチル酸で首ニキビは治る?

このエントリーをはてなブックマークに追加   

サリチル酸は首ニキビに使うのはリスキーかそうでないか

サリチル酸は首ニキビにいいのかというと
どちらかというと悪いかもしれません。

 

でも全く意味がないとも言い切れないので
その人の肌の状態や使い方しだいになります。

 

ピーリング剤というのは基本的に
劇薬なので健康上はちょっとアレですが
一応認められてる部分もあります。

 

だから世の中に浸透してると思います。

 

 

 

・サリチル酸の効能について

 

 

 

サリチル酸はニキビの話では
必ずといっていいほど出てくる成分名です。

 

ピーリング作用がある成分のひとつで
角質層を柔軟化させる性質があります。

 

ストレートにいうと肌の表面を溶かすのです。

 

それにより肌の新陳代謝を促進、
つまりターンオーバーを早めることができ、
ニキビの解消に繋げるという効果があります。

 

ニキビができている肌というのは
基本的に角質層が厚くなっています。

 

そのため毛穴に老廃物が溜まりやすくなるので
次々とニキビができる環境になってしまいます。

 

その悪循環を強制的に断ち切るのが
サリチル酸などのピーリング剤の真骨頂です。

 

そしてそれだけではなく、
抗炎症、殺菌作用もあります。

 

赤ニキビ以上に重症化したニキビは
炎症を鎮めることとアクネ菌の殺菌、
及び抗菌するのが基本的な対策です。

 

サリチル酸は全てに対応してるということで
かなり画期的ともいえる成分なのです。

 

 

 

・首ニキビにサリチル酸は非推奨ですが

 

 

 

では首ニキビに対してはどうかというと、
もちろん使えないということはないです。

 

ただ、首は顔や背中、胸などと違い
皮膚が薄い特徴があります。

 

乾燥しやすくデリケートな部位なのです。

 

そのためサリチル酸などの
刺激が強い成分は推奨されないことが多いです。

 

プロアクティブに賛否両論が渦巻くのは
合う人と合わない人のギャップが
激しいからだといえます。

 

皮膚がもともと強い人には
ちょうどいい対策になりえますが
弱い人にとっては刺激が強すぎて
逆に炎症がひどくなることもあります。

 

首はどちらかというと後者になりやすいと
考えられるので出来れば使わないほうが
いいかもしれません。

 

ただ、同じサリチル酸でも
美容皮膚科で使われるピーリング剤は
その人の肌の状態によって濃度が調節できますし、

 

化粧品ごとにも配合量や
その他の成分の種類も違うため
何とも言えない部分もあります。

 

プロアクティブはダメだったとしても
ファーストクラッシュはいいかもしれませんし、
プロアクティブプラスになったから
使えるようになったという人もいると思います。

 

要は使ってみないとわからないという
結論に落ち着いてしまいます。