トップへ戻る

首ニキビに使う石鹸に気をつける

このエントリーをはてなブックマークに追加   

首ニキビに石鹸は有効ですが質がいいのが最低条件です

首ニキビを少しでも早く治すための
アイテムとして石鹸があります。

 

石鹸といってもいろいろありますが
重要なのは低刺激であることです。

 

商品の紹介文はいろいろなパターンがあり
ややこしくなっている部分もありますが
そこは成分を見て判断しましょう。

 

表面上ではなんとでもいえるので・・・

 

 

 

・洗浄剤の多くは肌に悪い

 

 

 

首ニキビ対策で真っ先に上げられるのは
肌の乾燥をどうするかということです。

 

首は皮膚が薄く皮脂量も少なく、
意外と紫外線があたりやすく、
衣服の擦れも関係してきます。

 

表面的な原因はあまり
気にする必要はないのですが、
例外的に重要視してほしいのは
洗浄剤をどうするかです。

 

いつも体全体を丁寧に洗ってる方は
首への負担も相当大きいはずです。

 

なぜならほとんどの洗浄剤は
汚れをしっかり落とすことを
念頭に作られているからです。

 

つまり洗浄力が強すぎるんです。

 

皮脂はニキビ的には悪者ですが
皮膚の健康上はとても重要なものです。

 

それが不足するとかえって皮脂が
多く分泌されてしまうのは今や常識です。

 

下手なボディーソープや石鹸は
日常的に使わないほうがいいです。

 

最近は競争が激しいことから
紛らわしいものも増えています。

 

薬用とか赤ちゃんにも使えるとかいっても
ほとんど中身は一般向けと変わらないものも
けっこうあります。

 

ほんのちょっと添加部や界面活性剤の
種類や量が違うだけという感じです。

 

ニキビスキンケアにこだわっていても
それでは台無しになってしまいます。

 

 

 

・首ニキビにも石鹸が理想的な理由

 

 

 

じゃあ石鹸もダメなの?っていうと
必ずしもそうではありません。

 

むしろ質がいいものであれば
最も理想的な洗浄剤になります。

 

質がいいものとは変な添加物が
極力使われていないのはもちろん、
弱アルカリ性になってるものです。

 

酸性よりも汚れが落としやすいうえに
肌に優しい特徴があるんですね。

 

石鹸カスが毛嫌いされてる向きもありますが
それが常在菌の餌となってバリア層を
形成することにも役立ってくれます。

 

そういう質のいい石鹸は
近くのドラッグストアやスーパーには
置いてないのがふつうです。

 

欠点は値段が少々張ることですが
石鹸は長持ちするので
あまり家計の負担になりません。

 

理想的なのは固形石鹸ですね。

 

ちなみに質のいいものは
全身に使えるのが当たり前ですし、
年齢問わず使えるのがふつうですので、

 

わざわざ赤ちゃんにも使えます!
と宣伝する必要がないのもミソです(笑)

 

それでも洗いすぎは問題ですので
多くても1日1回、夜だけで十分です。

 

メニュー