トップへ戻る

首ニキビとセラミドの関連性

このエントリーをはてなブックマークに追加   

首ニキビとセラミドの関係を考察 化粧品では力不足

首ニキビとセットになるであろう
問題がセラミドの減少です。

 

首は乾燥しやすいと言われるのは
セラミドが大きく関係してると思われます。

 

ただ、外から補充すれば解決することではないので
あまり化粧品に頼りすぎるのも問題です。

 

あくまで参考程度にとどめておきましょう。

 

 

 

・セラミドの基礎知識

 

 

 

首ニキビを語る上で必ず出てくるのが
乾燥肌についてです。

 

首の皮膚は薄くて皮脂腺の数も少なく
紫外線の影響が受けやすいとあって
真っ先に問題視される部分です。

 

近年はストレスとも関係が深いともいわれ
ますます深刻度が増してる気がします。

 

皮膚が薄いということは
セラミドの量も少ないことを
意味するものと思われます。

 

セラミドとは脂質の一種で
角質層に存在する物質です。

 

細胞の隙間を埋めるように存在することから
細胞間脂質と言われることもあります。

 

最近はセラミドに種類があることがわかっており
いまのところ7種類あると言われています。

 

それぞれの役割を覚える必要はないですが
いろいろな物質が連携することで
肌を外敵から守ってくれてるのですね。

 

問題は加齢によって減少してしまうことで、
20歳を100%とすると
アラフォーで半分くらいまで落ち込み、
70歳を超えると30%ほどになるとのこと。

 

要は肌の水分保持能力が衰えるので
肌はどんどん乾燥しやすくなり
毛穴に汚れもたまりやすくなってきます。

 

おまけにシワやたるみもでやすくなります。

 

首はシワが出やすいと言われるのは
セラミドがもともと顔などよりも
少ないからかもしれません。

 

 

 

・セラミド化粧品を使ってればいい?

 

 

 

ということで首ニキビの予防には
セラミドも重要ってことになると思います。

 

それはそれで間違いとは言えないですが
本質とはズレた考えになります。

 

ほとんどの方はセラミド入りの化粧品で
補充すればOKと考えるかと思います。

 

でもそれは一時的なことに過ぎないので
本当の意味でのニキビケアにはなりません。

 

化粧品の質の問題もあります。

 

せっかくセラミドが含まれていたとしても
合成界面活性剤が含まれているようでは
長期的に見て意味がありません。

 

合成界面活性剤はバリア層を壊すからです。
じわじわと。

 

セラミド自体も合成品か天然物かで
効果が違ってくるかもしれません。

 

老化は止められませんが
それを遅らせることはできます。

 

それが日々の生活習慣の送り方で左右されます。

 

もちろん化粧品の質も関係してきますが
一番重要なのは普段の生活になります。

 

そもそもあなたは水をあまり飲まないのでは?

 

メニュー