トップへ戻る

首ニキビの薬で市販でいいもの

このエントリーをはてなブックマークに追加   

首ニキビに薬を使う場合は低刺激な市販のものがおすすめ

首ニキビを薬で治す場合は
市販のものでも十分効果を発揮します。

 

処方薬と比べると緩やかなだけで
薬である以上効き目はあります。

 

そうでないと薬として
発売されないはずなので。

 

首ニキビの場合はデリケートばことが
多いと思うので低刺激なものが理想です。

 

 

 

・首ニキビに使う薬は市販品がいい理由

 

 

 

首ニキビは大人になるとできるもので
首の皮膚は顔より薄いため
かなり刺激に弱い特徴があります。

 

ニキビスキンケアだとしても
油断できない部位といえます。

 

ニキビができると肌が厚くなりますが
それは新陳代謝(ターンオーバー)が
遅れていることを示しています。

 

その流れでターンオーバーを
正常化させるために刺激の強い成分を
勧める人も多いですが、
首は不向きとなります。

 

もちろんステロイド系もおすすめできません。

 

市販薬でもふつうにありますが
効果が高いだけ刺激が強く
副作用が出やすいものです。

 

薬といってもビタミンが主体のものや
ステロイドではない抗炎症成分が
主体となっているものもたくさんあります。

 

首ニキビにはそういうものを
使っていくのがベストです。

 

もちろんビタミン剤などの
飲み薬系でもOKです。

 

 

 

・人気の首ニキビ向け市販薬

 

 

 

市販薬で有名なものを
いくつかピックアップしたいと思います。

 

小林製薬のビフナイトはイオウが主成分で
抗炎症にはグリチルリチン酸が、
殺菌にはイブプロフェンピコノールが
利用されています。

 

イオウは角質を柔軟化する働きがあり
優しく新陳代謝を促進させてあげることができます。

 

ピーリングとは少し違うアプローチですね。

 

グリセリンも含まれてるので
保湿効果も多少はあります。

 

 

大塚製薬のオロナインは定番中の定番。

 

クロルヘキシジングルコン酸塩液が主成分で
効能はアクネ菌の殺菌というシンプルな薬です。

 

添加物はグリセリンの他にもオリブ油や
ワセリンも含まれてるので
ビフナイトより保湿効果は高いです。

 

副作用も少ないので
常備薬として活躍してると思います。

 

 

LIONのペアアクネクリームWは
赤ニキビと黄ニキビに使える治療薬で
有効成分はイブプロフェンピコノール。

 

コメド生成の抑制と抗炎症作用があり
なかなか有能な成分となります。

 

もうひとつの有効成分である
イソプロピルメチルフェノールは
殺菌作用がありすきがありません。

 

 

そして一番人気と言われるのが
テラコートリルです。

 

が、こちらはステロイド系ですので
あまりおすすめしたくないものです。

 

おそらく即効性があり
皮膚科にいかなくてもいいという
利便性が人気を押し上げてるのでしょう。