トップへ戻る

首ニキビから色素沈着へ

このエントリーをはてなブックマークに追加   

首ニキビは色素沈着にも発展しやすい 治す際は慎重に

首ニキビは色素沈着を
起こしやすい特徴もあります。

 

おそらくしつこさと皮膚の薄さ、
私生活あたりが関係してると思います。

 

繰り返してると奥に溜まるので
なかなか改善しなくなってしまい、
下手すると一生残ることになります。

 

そうならないためにも
普段から気をつけないといけません。

 

 

 

・首はニキビ跡もできやすい

 

 

 

首ニキビでやっかいことは
繰り返しできやすいことです。

 

できない人は全然できないのですが
その正反対の人もいます。

 

ニキビは繰り返すほど肌に負担をかけ
ニキビ跡のリスクが上がってきます。

 

肌細胞(真皮層)が壊れると
基本的に修復できないからです。

 

首は皮膚が薄いことが災いしてか
ニキビ跡もできやすいと言われています。

 

印象としては赤みや色素沈着が多い感じです。

 

クレーターは皮膚がもともと薄いから
できても目立たないのかもしれません。

 

赤みは刺激に弱いことが関係してそうで、
色素沈着はしつこい首ニキビの特徴が
反映してしまっているイメージがあります。

 

曖昧な表現が多くてアレですが、
首特有の原因というのは
あまりないと思うのです。

 

せいぜいケアを忘れやすいとか
皮膚が薄いとかくらいだと思います。

 

 

 

・首の色素沈着を解消するには?

 

 

 

色素沈着を治すとされる方法はいろいろです。

 

化粧品を使ったり薬を塗ったり
サプリを飲んだり病院にいったりです。

 

まずは化粧品か薬など
試しやすいのからやるのがセオリーですが
リスクが伴うので油断はできません。

 

たとえ化粧品さえもです。

 

一般的に色素沈着はターンオーバーを
促進しないといけないからと
多少強めの対策が推奨されます。

 

化粧品でいったらサリチル酸、
薬でいったらハイドロキノンですね。

 

サリチル酸はピーリング剤で一番有名ですが
角質層にしか働かないので、
多少のシミならまだしも重度なら
あまり意味はないと思われます。

 

効果だけに注目するのであれば
ハイドロキノンのほうがいいでしょう。

 

肌の漂白剤と言われるほどですので
副作用を覚悟できるなら
試してみてもいいと思います。

 

ただ保険が効かないので
5000円とかかかってしまいますが。

 

それよりも更に効果を期待するなら
病院でレーザー治療を受けるのが確実です。

 

肌の奥に溜まったメラニン色素は
クレーターと匹敵するくらいやっかいなので
薬を塗る程度では治りません。

 

肌の深部までアプローチできる
レーザーでないと太刀打ちできないのです。

 

何より重要なのは色素沈着および
首ニキビができないよう
普段から気をつけることです。

 

それができていないから
ニキビも色素沈着もできているのです。

 

メニュー