トップへ戻る

首にきびとしこりの対策

このエントリーをはてなブックマークに追加   

首にきびはしこりに発展しやすいが対策はいつもどおり

首にきびはしこりができやすい
というのはニキビに悩む人の間では
地味に有名なことです。

 

皮膚科学的な部分はよくわかりませんが
皮膚の薄さや乾燥のしやすさなどが
関係していると思われます。

 

一度できるとしつこく
なかなか治らないことも
無関係ではないように思えます。

 

ただやることはふつうのニキビと
同じですのであまりヤキモキせず
日々コツコツ対策をすすめましょう。

 

 

 

・首ニキビはしこりができやすいといいますが

 

 

 

首にきびは大人になると
できやすいと言われています。

 

たしかに思春期の人よりかは
そういうイメージが強いと思います。

 

一応顔と比べると頻度は少ないようですが
人によってはしつこく何度もできてしまい
なかなかやっかいな存在になっているようです。

 

それゆえ肌細胞が大きく傷つき、
しこりになってしまってるのだと思います。

 

時には粉瘤ができることもあり、
そうなると対処が面倒になるので
日頃から健康には気を使いましょう。

 

結局はニキビができる原因が
あなたの体や思考に内在しているので
それを解消しない限り
今後もずっと首ニキビと
過ごしていく羽目になります。

 

心当たりがあると思います。

 

普段からどんな生活を送っているか。

 

おそらくほとんどの人はだらしないか
無意識でしかないかもしれません。

 

無意識とはスキンケアを忘れてるという
意味ではありません。

 

無意識に体に悪いことを
し続ける習慣が身についてしまっている
ということです。

 

首は顔と違ってスキンケア不足だから
どうのこうのと言われることもありますが
それはさほど重要なことではありません。

 

むしろスキンケアというものは
あまりしないほうが肌にとってはいいものです。

 

毎日何種類もベタベタつけてないと
綺麗な肌を保てないのはおかしいですし、
昔の人はどうしてたのかって話にもなります。

 

 

 

・しこりニキビの対策は単純です

 

 

 

少し話は逸れましたが、
しこりは首ニキビを繰り返す人のほうが
できやすいものです。

 

おそらく炎症が何回も起こることで
細胞が傷つくのと同時に
新陳代謝の悪さが老廃物を
たくさん溜め込む結果になったと思います。

 

粉瘤も似たようなものですね。

 

粉瘤か、見分けがつかなくて不安なら
皮膚科にいったほうがいいですが、
しこりニキビとわかっているなら
従来通りの対策を地道にやりましょう。

 

奇をてらったことは必要ありません。

 

強いていうならタコの吸い出しくらいでしょうか。

 

しこりは肌の奥にあるので
無理矢理取り出すのはNGです。

 

低刺激な化粧品を最小限度で使い、
食事をはじめ生活習慣に気を配る。

 

やることはとてもシンプルです。

 

メニュー