トップへ戻る

首ニキビが思春期に発生

このエントリーをはてなブックマークに追加   

首ニキビは思春期にもできる可能性はありますが・・・

首ニキビは思春期にもできることがあります。

 

でも滅多にできないですし、
メカニズムは同じなので
あまり気にしないほうがいいでしょう。

 

むしろ変に気にしすぎると
悪化するかもしれません。

 

また、情報にも問題があると思います。

 

 

 

・思春期でも首ニキビはできる?

 

 

 

首ニキビは大人ニキビの一種とか
典型とかよく言われますが、
思春期でもできる可能性があります。

 

思春期にニキビができる大きな理由は
成長ホルモンや男性ホルモン過多による
皮脂の分泌量の増大と、
毛穴の老廃物排出機能の未熟さです。

 

顔のほうが皮脂腺の数が多いので
ニキビリスクは高いですが
首の場合はそんなに多くありません。

 

排泄能力が未発達といっても
首ニキビに悩む学生というのは
あまり聞いたことがないため
リスクは顔より低いでしょう。

 

なぜ出来るかは明確にはわかりませんが
おそらくその人の感情や食生活が
大きく関係してると思います。

 

巷ではケア不足とか適当なケアとか
紫外線とかが原因と叫ばれていますが
それだとおそらくほぼ全員が当てはまります。

 

特に学生時代は健康意識を持ってる人は
大人よりも少ないですから
ケアが適当なのは当たり前です。

 

もし、皮脂量や汗やスキンケア不足が
主因だとしたら部活をしている男子生徒は
首ニキビだらけじゃないとおかしいと思います。

 

食生活もみだれがちだと思われるますが
若いうちはまだ体が丈夫な面もあるので
ジャンクフードや脂っこいを食べても
胃もたれとかは起こさないですよね。

 

もちろんそういうのは若さに関係なくダメですが
そう考えるとやはり感情面(ストレス)が
大きいかなと感じます。

 

なんらかのストレスから逃れたいと
強く思っていると体はなんらかの
異常を示すことがあるので。

 

 

 

・首ニキビと思春期の情報発信の問題

 

 

 

あと問題だと思ったのは
首ニキビができる原因の情報です。

 

ほとんどの情報媒体は一般論ばかりかかれていて
その場しのぎが中心になっています。

 

生活習慣、皮脂の分泌、皮膚の性質、
スキンケア不足などの話ですね。

 

大人向けの情報とほとんど変わりません。

 

まあそれほどメカニズムが
よくわかっていない部分もあると思いますが
大人も深く探ろうとしないので
お子さんにも伝わっていかない悪循環が生じています。

 

ちゃんとした意識をもっているのなら
安易に薬やピーリング剤入りの化粧品は
勧めないはずです。

 

でも現状は真逆ですよね・・・

 

経済活動といってしまえばそれまでですが。

 

思春期だろうと大人だろうと
ニキビは自然治癒が基本にしないといけません。

 

 

メニュー