トップへ戻る

首ニキビのスキンケアの問題

このエントリーをはてなブックマークに追加   

首ニキビのスキンケアにはどれほどの意味があるでしょうか

 

首ニキビのスキンケアとなると
まずは保湿が大事だと言われることが多いです。

 

それはそれで間違いとは言えないですが
ある意味ではほとんど意味はないです。

 

なぜなら根本的な対処法ではないからです。

 

スキンケアというものは全般的に
対症療法にすぎないということを
素直に受け入れられるかが
一番のポイントだったりします。

 

 

 

・スキンケアの重要性はよく言われます

 

 

 

首ニキビの一番の敵は乾燥肌であると
言われることが多いので、
そう思ってる人も多いと思います。

 

たしかにニキビと乾燥肌は
密接な関係にあります。

 

大人になると成長ホルモンの分泌は
落ち着いているので乾燥肌か混合肌です。

 

乾燥すると外敵からの抵抗力が弱まります。

 

常在菌も相対的に増えてしまうので
ニキビができやすくなります。

 

皮脂がよけいに多く出たり、
角質層が厚くなったりして
どんどんニキビができる環境が
整ってしまいます。

 

それを少しでも軽減させるために
まずは保湿が優先されることが多いです。

 

首はその最たる例だと思います。

 

その他にもいろいろな原因はありますが
とりあえず乾燥をどうにかしないと
話にならない部分もあります。

 

単純に乾燥するとかゆいですしね。

 

 

 

・スキンケアもほどほどに

 

 

 

保湿はスキンケアの必須事項であり
首ニキビは特に重視される傾向にあります。

 

逆に重視されすぎてる面もあると思います。

 

それがある意味では一番の問題です。

 

スキンケアというのはぶっちゃけ
その場しのぎに過ぎません。

 

下手するとニキビ肌を助長することにもなります。

 

ほとんどの化粧品には何らかの成分を
浸透させるために界面活性剤が含まれてますが
それがバリア機能を壊します。

 

ヘアカラーと同じやり方ですね。

 

それを長い間続けていると
肌はどんどん乾燥してしまい、
ニキビ以外の問題も出てきます。

 

しわやたるみ、色素沈着などですね。

 

首は年齢が出やすいと言われるので
けっこう気を使ってほしいのですが
気の使い方が間違ってる人だらけです。

 

首ニキビはストレスやホルモンバランスも
関係してると言われますが、
要は体の内側の問題が最も大事です。

 

ゆくゆくは食生活につながる話なのですが
食欲は強い欲求なのでなかなか是正できるほど
強い人はいません。

 

だからすぐ効果がでるっぽい
スキンケアばかりに注目するのでしょう。

 

意味不明かつ無駄に高い化粧品を使うくらい
白色ワセリンを塗っておけば
いいのではないかと思うところもあります。

 

あと許せる範囲としては
添加物フリーを謳う良質な石鹸とか、
殺菌と保湿くらいしか効能がない
シンプルなオロナインなど
そのあたりで十分ではないでしょうか。

 

メニュー