トップへ戻る

首ニキビにステロイドは非推奨

このエントリーをはてなブックマークに追加   

首ニキビにステロイドはあまり使わないほうが賢明です

首ニキビにステロイドは
あまりおすすめできない対策です。

 

副作用の懸念が大きいからです。

 

使うとしたら緊急性があるときだけにしましょう。

 

痛みがひどかったり人前にでるときなどです。

 

そういう事態はあまりないと思うので
基本的には使わないのが吉です。

 

 

 

・ステロイドの基礎

 

 

 

首ニキビは発生確率的には低いですが
できてしまう人にとっては
治りにくくしつこいものです。

 

そのため薬を使いたくなる
衝動にかられてしまうかもしれません。

 

特にステロイドは即効性があり、
市販薬でもおなじみのものがあるので
つい手が伸びてしまいがちなもののひとつです。

 

ステロイドとは副腎皮質ホルモンを
人工的に作り出した物質で、
抗炎症作用があります。

 

強さは5段階ありますが
市販薬の場合は弱めのものが使われています。

 

皮膚科で処方してくれるものは
真ん中のもの(リンデロン)が有名です。

 

真ん中といっても強いという指標ですので
決してハンパなものではありません。

 

副作用としては免疫力が低下することが
よく知られています。

 

ステロイドは免疫系疾患にも
よく使われてるものなので
ニキビにとってはマイナスとなります。

 

免疫力が下がるとアクネ菌が
増殖しやすくすることを意味します。

 

もちろん塗り薬では定番の炎症、
かゆみ、かぶれなどの副作用もあります。

 

 

 

・首ニキビにステロイドは極力使わない

 

 

 

じゃあステロイドは首ニキビに対して
有効なのかというと、考え方にもよりますが
全体的に見ると有効とは言い難いものです。

 

炎症を抑える効果は強いのですが
それだけ副作用のリスクが高いからです。

 

何より炎症を治めることが
ニキビを治すということではないので
本来なら矛盾したことをしてるわけです。

 

炎症は本来必要だから起きてるものであり、
抑えつけるのは逆効果なんですね。

 

炎症とは血管が患部に増えたりして
血流が多くなる現象のことで、
白血球を運んだり皮膚の修復を
するための大切なことです。

 

薬を使うのが許されるとしたら
あまりにも痛み、もしくはかゆみがひどかったり
大事な仕事の前などの緊急性が生じたときです。

 

首は皮膚が薄いのでなおさら刺激に弱く、
ニキビ肌だとさらに敏感だということは
お悩みの方ならよくご存知のはずです。

 

もちろん短期的に使うだけなら
大きな影響がでる可能性は低いのですが
それでもあまり使わないほうがいいですね。

 

ステロイドに限らず化学物質というものは
人間の体に不要なものだからです。

 

副作用は不必要なものを排除するために
体ががんばってくれてるサインでもあるのです。

 

メニュー