トップへ戻る

首ニキビはタートルネックが原因?

このエントリーをはてなブックマークに追加   

首ニキビはタートルネックがキッカケにはならない

首ニキビの原因のひとつに
タートルネックがあるとよくいわれますね。

 

冬は暖かくていいけど
刺激になるからよくないから
どうのこうのっていう話です。

 

もちろんそういう要素はあると思いますが
あまり重要とはいえません。

 

首ニキビができる原因は
もっと他のところにあります。

 

 

 

・首ニキビとタートルネックの関係

 

 

 

首ニキビの話をするときは
乾燥肌と刺激が中心的な
キーワードになっていますね。

 

皮膚の薄さや皮脂量の少なさ、
スキンケア不足や紫外線、
衣服の擦れあたりが関係すると言われます。

 

今回のテーマは衣服、
特にタートルネックに注目します。

 

マフラーと上着が合体したかのような
便利なものなので寒い時期には
定番アイテムのひとつとなっていますね。

 

首は太い血管が流れているということで
そこを温めるかどうかで
体温調節がかなり違ってくるといいます。

 

日本は基本的に寒い国ですので
全国的に活躍するもののひとつです。

 

ただ、首ニキビ的には
ちょっとマイナスに捉えられていますね。

 

手や服の刺激は雑菌の付着や
肌荒れに繋がるから気をつけようと
言われますがタートルネックだと
もろ引っかかることに。

 

暖かいのはいいのだけど
常に首と密着してるような状態だし、
場合によっては蒸れてしまい、
アクネ菌の増殖に繋がるかもしれません。

 

もちろん擦れも懸念されます。

 

 

 

・タートルネックが首ニキビの原因ではない

 

 

 

しかし、ちょっと考えてみてください。

 

衣服の擦れがニキビの重要な要素ならば
首以外の部位はどうなるのでしょうか?

 

毛穴の数にもよりますが、
服といつも接しているところよりも
そうではないところのほうが
ニキビができることが多いですよね。

 

顔が代表例です。

 

あと気候条件はみな一緒なわけなので
誰でも乾燥するリスクは生じます。

 

そもそもニキビの主原因は
体の内側の健康状態ですので
表面上の要素は思ったほど
重要なことではありません。

 

つまり、いま首ニキビで悩んでいる人は
悪化させないためにタートルネックなどの
刺激を受けやすい格好は
控えたほうがいいかもね、

 

という話だと思います。

 

決してタートルネックがきっかけで
首ニキビができたわけではないと
理解しておく必要があります。

 

強いて例外的に注意すべきことは
服の素材と洗濯の仕方です。

 

化学繊維よりも天然繊維のほうが
静電気も少なくて済むのでいいですし、
洗剤がケミカルなものなら要注意ですね。

 

刺激を和らげるために
柔軟剤を推奨する人もいますが
結局化学物質漬けになるので
おすすめできないですね。

 

ほとんどの人は盲点になってると思います。

 

メニュー